綺麗に整理された家

低金利なローン

握手と書類

歴史的な低金利時代となっています。不動産ローンの金利も歴史的な低金利です。個人にとっては住宅ローンということになります。金融緩和の影響もあり、金融機関にとっては住宅ローンの貸し出しは魅力的な市場となっているので、金融機関同士が条件面での競争を激しく行っています。最近は個人でも相続税対策でアパートやマンションを建設するケースが増えており、不動産ローンのニーズも高まっています。法人の不動産ローンの活用としてはプロジェクトベースでの借り入れが増加しています。企業ではバランスシートの改善を目的として金融機関からの借り入れを減らす方向が顕著となっています。一方、不動産投資はここに来て活発化しており、プロジェクトファインスのニーズも高まっています。

不動産投資は安全有利な投資というわけではありません。日本の不動産はバブル崩壊までは右肩上がりを続けておりましたが、バブル崩壊後は一時期のミニバブルの時期を除いて低落傾向が続いていました。したがって企業では不動産投資をする際にも出来るだけバランスシートに影響の出ないスキームを構築するようになっています。その一つの手法がSPCによる不動産ローンによる調達です。プロジェクトの事業性を金融機関が評価を行い、融資を決定します。プロジェクトファイナンスによる不動産ローン金利は通常の企業に貸し出すコーポレートよりは割高になりますが、企業にとってはバランスシートに影響が少なくなるため積極的に活用するようになっています。