綺麗に整理された家

計画的に

説明する会社員

平成26年4月に消費税率がこれまでの5パーセントから8パーセントに引き上げられました。 この引き上げの前に、住宅購入の駆け込み需要がありました。 住宅の購入に際しては、多くの方が一定の頭金を支払い、残りの金額を長期間にわたる住宅ローンを使用して購入したいます。 住宅ローンを使用する場合には、購入後、ローンが滞納とならないように確実な返済計画を検討しておく必要があります。 住宅ローンの年間の返済金額を年収の2割程度としておくことが、理想的とされています。 また、自宅の購入の際には、住宅ローン以外にも新居への引越費用、家具やカーテンの購入費用、不動産取得税等が発生します。 また、マンションを購入した場合には、管理費や共益費なども別途発生しますので、滞納が発生しないよう資金計画を十分に検討しておく必要があります。

住宅ローンを滞納する可能性が発生した場合には、金融機関に相談して、元金の支払いを一時的に延期してもらうことも検討する必要があります。 住宅ローンを長期間にわたり滞納した場合には、金融機関から競売を申し立てられる場合があります。 競売となった場合には、担保物件である土地や建物は売却されることになります。 この場合の競売価格は市場価格の6割から7割となり、競売後も住宅ローンの残高が残り、引き続き債務の弁済を請求されることになります。 競売については債権者である金融機関においても、競売手続きの費用と手間がかかることになります。 近年、この競売手続きに代わって利用されているのが任意売却です。 任意売却では、土地や建物が時価相場で売却されるため、債権者にとっても債権を回収できる金額増加するメリットがあります。